上手く活用できるベビーベッド レンタル|赤ちゃんを育てる環境作り

赤ちゃん

子育てママの補助ツール

靴

抱っこ紐は、赤ちゃんを育てる上でなくてはならないベビーグッズです。外出の際やちょっとした家事などに、赤ちゃんを簡単に抱いてあげる事ができます。赤ちゃんもお母さんの肌のぬくもりを感じて、安心して過ごす事ができます。自分に合うものをいくつか買っておくと、便利に活用できます。

上手に活用しよう

眠る赤ん坊

意外と使わないものがある

初めてのお子さんを出産する場合、必要なベビーグッズが何一つもないので、あれもこれもと購入しがちです。確かにそれまで子供のいる生活をしていなかったので、仕方がないことなのですが、お子さんが成長したり、ライフスタイルに合わせて意外と使用しないものも多いです。例えばベビーベッドは赤ちゃんがいると必ず用意しておかなきゃと思われがちですが、実際に必要ではなかった、という場合もあります。ご両親が布団で寝ている場合や添い寝をする場合などは、思ったよりもベビーベッドはいらなかった、という場合もあるのです。そんな時はベビーベッドをレンタルすることで、出費を抑えたり、お試し感覚で使うことが出来ます。大型のものの場合はレンタルを使ってみても良いかもしれません。

メリットもあります

レンタルによるメリットは色々とあります。まずは、そのベビーグッズが本当に購入する価値があるのか見極めることが出来るということです。また、使用する期間があらかじめ決められている場合は、その期間のみのレンタルが出来るということです。この場合、例えば里帰り先である一定の期間だけ使いたい、というパターンにも活用出来ますね。その他にはレンタルすることで使用しなくなった時に処分の手間が省けるというのもあります。大型のものの場合、処分をするのに費用がかかったりします。また、解体が必要な場合もあるでしょう。レンタルの場合は使わなくなったら返却すれば良いのですごく簡単です。ベビーベッドももちろんレンタル出来るので、場合によってはレンタルを活用してみてはいかがでしょうか。

慎重にあげる事が大事

ミルク

生まれたての赤ちゃんは、母乳やミルクだけで成長していきます。水分補給として水を飲ませると、母乳を飲めずに栄養失調になるリスクがあります。なので、胃腸が発達する生後3ヵ月以内は、水を飲ませてはいけないです。

自宅でいつでもおいしい水

サーバーボトル

ウォーターサーバーは赤ちゃんがいる家庭で導入する人が増えています。赤ちゃんの粉ミルクを作るのに手間がかからず、配合されているミネラル分がちょうどいいと言われているからです。そのためには水の種類などをしっかりとチェックして選ぶことも重要です。