慎重にあげる事が大事|上手く活用できるベビーベッド レンタル|赤ちゃんを育てる環境作り

上手く活用できるベビーベッド レンタル|赤ちゃんを育てる環境作り

ファミリー

慎重にあげる事が大事

ミルク

あげることができる時期

赤ちゃんというのは、生まれてすぐの頃は母乳やミルクだけで育てないといけないです。水分を補給しないので、喉が渇くのではと心配するお母さんは多いです。しかし、ミルクの中に水分が豊富に含まれているので、脱水症状の可能性はないです。逆にたくさん水を与えると、ミルクを飲めなくなって栄養失調になるリスクがあるのです。水をあげても良いタイミングは、胃腸が発達し始める生後3ヶ月くらいの頃です。その際、いきなり大量に与えるのではなく、少量ずつ飲ませる事がポイントです。もちろん、ミルクをあげる時と同様に、常温またはぬるめの白湯にしてあげます。冷たいまま赤ちゃんにあげると下痢になる恐れがあるので、注意する事が大事です。

飲ませてはいけないもの

赤ちゃんに飲料として水をあげる際、一番注意すべきは飲ませてはいけない水がある事です。例えば、大人なら誰でも飲んだことがあるミネラルウォーターは赤ちゃんにとって厳禁です。というのも、美容や健康に効果が良いとされるミネラル成分が豊富に配合されているからです。ミネラル成分を内臓が未発達な赤ちゃんが口に入れると、きちんと消化しきれないのです。よって、胃腸を壊してしまい、下痢などを引き起こすことがあります。その他にも、水道水を直接、赤ちゃんに与える事も厳禁です。というのも、消毒用の薬剤が、赤ちゃんの体に不具合を起こすからです。なので、一度、やかんに入れて煮沸消毒で不純物を取り除いてから、飲ませるといいです。